季節は夏。ガスガンのパワーが最高潮に達する

94 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/03/23(月) 16:55:38 ID:QE+O/0W0O [1/2回(携帯)]

俺が中2の時の話 

その頃の俺はエアガンやガスガンにはまっていた。 

中2のくせに親の知り合いの会社でバイトをしていた。 
時給は600円。でも厨房の俺は600円で満足だった。 

あと何日働けば新しいガスガンが買える。そう思いながら黙々と単純な作業をこなす毎日。 
何日か経ち目標の金額を貯めた俺は親の名前を使って念願のガスガンを通販した。 
翌々日には家に届きガスをマガジンに詰めBB弾を部屋の中で乱射していた。 

季節は夏。ガスガンのパワーが最高潮に達する。 

イカレ厨房だった俺はマガジンからバルブを外しガスの流入口をヤスリで削って広げた。 
要は極端なパワーアップを計った。 
ブローバック(実銃を模したスライドが後退する機構)のリコイルが上がり 
10mくらい先のアルミ缶に穴があく。 
今でこそ法律で規制されてるが当時は簡単な改造で 
鉛玉を発射出来る物も少なくなかった。(もちろんそこまでやりません) 
銃を手にし強気の俺はよく年の離れた妹を狙っていた。 

狙っていたとは言ってもただ銃を構えて撃つ真似をしていただけだ。 
ある日もいつもの様に妹に狙いを定め「おらおら~、撃つぞ撃っちゃうぞ」などと調子に乗っていた。 
万が一発射してはいけないのでいつもマガジンを抜いていた。 

続きを読む

鼻の穴からハリガネムシが入り込んでしまった

201 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/06/03(水) 08:46:29 ID:SMnoYsFZ0 [1/1回(PC)]

小学生のころオオカマキリの腹を割いて、ハリガネムシを取り出すのが流行 
していた。自分も、友人にならって草むらに入ってはオオカマキリをつかまえ 
腹をさいていた。

白濁の血液らしきものがだらだら流れる中、グニョグニョ動 くハリガネムシを探してたのだが、
となりで同じ作業をしていた友人が、
ギャーと叫んだ。奴は先に取り出していたのだが、指にまきつけて遊んでいたとこ 
ろ、鼻の穴からハリガネムシが入り込んでしまった。
 
それから何ヵ月後、奴は高熱を出して寝込んでしまった。ムシが体内に入っ 
たと聞いた医者は、強力な虫下しを処方したという。 

ある日、便意を催したので、やつはふらふらしながら便器に座って排便。し 
かし、いつものようなヤマブキ色ではなく、便が真っ黒だった。病気のせいだ 
ろうと思って、よく見ると、なにやら便全体が妙にわらわらうごめいていた。 
なんだろうと思い、もっと近づいてみると、便に無数のハリガネムシがまとわ 
りついていたという。 

さすがに恐怖をおぼえたのか、そのまま病院に駆け込んで、この状況を訴え 
たところ、すぐに開腹手術をすることになった。大腸に妙なしこりがあったの 
で、メスを入れるとそこには何百というハリガネムシが球状になって存在して 
いたという。 

体内に無数のハリガネムシを飼っていた期間、やつはいくら高熱があっても 
風呂に入ろうとしていたし、実際に入っていたらしい。「いま思えば、肛門付 
近から、太い髪の毛のようなものがいつも出ていたな。あれがハリガネムシだ 
ったのか」と話していた。その後、そいつの家族は次々に入院した。

丸の内に行った際に首塚を探したんだけど 全然見つからないんだよ

556 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2009/03/18(水) 00:11:35 ID:us2rS0kF 

だって、将門公の塚なんて動かすの怖すぎるよ・・・・。 
書くのも少し怖いくらいなのにw 

そういえば俺の地元の近くにも道路の真ん中に 
イキナリ、木が生えてるw 
工場がいっぱいあるとこだしどう考えても危険なのに。 
昔、切ろうとして祟りがあったそうだ。 

こういう風に畏れを持つ部分は、大事にしたいなw 


続きを読む

おじさんが生前、すごく大切にしていた箱があります

170 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2009/05/15(金) 05:59:04 ID:FXdTGHjL0 [1/1回(PC)]

親戚のおじさんが病気で亡くなったのですが、 
そのおじさんが生前、すごく大切にしていた箱があります 

「これは恥ずかしくて誰にも見せられない」とか言ってて 
お歳暮くらいの大きさなんですがいつも神棚に飾ってありました。 

おばさんによると「青春時代の思い出」とだけ聞いてたそうですが、 
気味が悪いので中については聞かなかったそうで、 
こっそり開けもしなかったそうです。 

おじさんも亡くなったことだしと、一体何が入ってるのかと思い、 
思い切って開けてみたのですが、その中身が本当にわけのわからないものでした。 

そこにあったのは「たすき」なのですが、赤い文字が書いてあって、 
しかも手書きじゃない、ちゃんとしたフォントの文字で「敗者復活」と。 

これが一体何を意味しているのか、こんなものをどう使っていたのか、 
宗教の儀式か何かじゃないかという予想になったのですが、 
本当に気味が悪かったです。今でもそのおじさんの家に置いてあるので、 
今度実家に帰ったついでに行ってきて撮影してみるっつもりです。 

洒落にならないくらい怖かったです。 

たまには温泉でのんびりしたいよね

51 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/03/13(金) 03:56:04 ID:DCIskEWnO [4/8回(携帯)]

それは3年くらい前に、友人2人と 
「たまには温泉でのんびりしたいよね」 
の一言からはじまりました。 

「どうせなら、観光地よりもひなびた感じの落ち着いたところのほうがいいな。」 
「ガイドブックにのってるとこはどうもね、人も多いし。」 
皆それぞれ好きなことを言いながら、「あーでもない」「こーでもない」とやっていた末に、 
道南のとある温泉旅館に決定しました。 

出発の朝は快晴だったそうです。 
全員が各自の荷物を持って集合しました。 
その温泉迄約4時間。 
途中コンビニによったり、ガソリンスタンドで給油したり、たのしいドライブでした。 
その旅館につくまでは… 

チェックインをしたのは午後3時位でした。 
それまで快晴だった空も、いつのまにか雲がたちこみだし、今にも雨がふりそうな気配です。 
しようがないのでとりあえず「部屋にいって休もう!」という皆の意見に従い部屋に案内してもらって、 
その部屋の戸をあけたとたん、「ざわっ」としたそうです。 
いきなり気温が下がったような感じ。 
「自分一人だったら部屋を変えてくれと言うけれど、みんなを怖がらせたくないから。」 
だまっていました。 
その部屋でテーブルでお茶を飲みながら話をしている時にも後ろからの"視線"を感じていたそうです。 
ほかの2人は「暑い!」といっていましたが、姉は寒くてたまらなかったそうです。 

嫌な視線を感じながらも、他の2人と 
「あの**先生はだめだよ。」とか「最近、婦長さんがどーしたこーした。」 
など職場での愚痴やうわさ話に花をさかせておりました。 
話をしている間にも、その"視線"がだんだん強くなっていくのを感じながら… 
 
続きを読む

もう15年くらいは前の話です

56 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/03/05(木) 15:13:35 ID:hfHfv8kxO [2/9回(携帯)]

もう15年くらいは前の話です。 
私は小学5年生、春休みのとき、友人との待ち合わせに思いきり寝坊して、 
友人宅で行き先をきいたあと、自転車で友人宅の門をでて少ししたとき。 

うかつにも右側を走っていた私は、後ろからきかバイクと衝突し、ひだりひざの亜脱臼で入院しました。 
そのときの事故が不可解なのです。 

私は、正面からきたおじいさん(子供用の追加席に子供)の乗った自転車を避け、左にでたときに後ろからきたバイクが私の自転車の前輪に当たり、転倒したんです。
 
続きを読む

突然、庭に面したガラス戸がバン!と叩かれた

49 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/03/13(金) 03:46:32 ID:DCIskEWnO [2/8回(携帯)]

1/2 
霊感0の俺の体験 

バイト仲間数人と夜中の公園で、当時流行してた霊を呼ぶ着メロとかいう怪しいものを試したことがあった 
しばらくすると霊感の強い女子(以下A子)が白い人影が三つ近付いて来るとか言い出した 

パニクる女子三人を連れて一番近所の友人Bの家に避難 
Bの両親は用事でいなかったがBの姉ちゃんがいたので塩を撒きたいので持って来て欲しいと頼んだ 
Bの姉ちゃんは何を思ったか、台所からアジシオと胡麻塩を持って来てくれた 
ゆで卵かよ!と涙目のBがキレた 

とりあえずアジシオを肩に振って全員リビングでゲームをすることにした 
その間にも部屋の壁の内側からピシッピシッと音がするわ、音を流してた女子の携帯の電源が急に落ちるわで全然ゲームに集中出来ない
その間A子が霊が俺達を見つけないようにと小声でずっと般若心経を唱えていた 

しばらくして、突然、庭に面したガラス戸がバン!と叩かれた 
騒然となる室内 
最初は何かがぶつかっただけかと思ったが、バン!と言う音は少し間をあけてまた聞こえて来た 
こうなると他のことで気を紛らすとか言ってられなくなって、全員で部屋の中心に集まってガラス戸を見守っていた 
 
続きを読む

あれ?母親が呼んでる?と思いヘッドフォンを外し、耳を済ますが、聞こえない

68 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2009/03/05(木) 17:13:55 ID:8V76FpghO [1/2回(携帯)]

さっき変な事があったんで書く。 

さっきヘッドフォンをして音楽を聞いていた。 
ヘッドフォンっつっても、俺は右耳が聞こえないんで左からしか音楽は聞こえない。 
二時間くらい大音量で聞いていると、どうにも雑音が入る。 

ハッキリとした雑音ではなくて、ボソボソと誰か近くで話しているような。 
あれ?母親が呼んでる?と思いヘッドフォンを外し、耳を済ますが、聞こえない。 
CDは毎日聞いてる奴で、今まで雑音が入った事はなかった。 

またヘッドフォンを装着し聞いみる。やはりボソボソが。 
おかしいと思い別のCDに変えてみる。 
さっきまでハードコアの煩いのだったんで、静かなのに変えた。 

やはりボソボソ聞こえる。静かなのに変えたからかさっきよりよく聞こえる。 
何と言ってるかはわからないが、男の声。 
神経を集中し、じっくり聞いてみるとある事がわかった。 
全く聞こえないはずの右側から聞こえる気がする。 

絶対にありえないんで、ヘッドフォンを外し、左耳をふさぎ、右耳だけにヘッドフォンをあててみた。 
さっき程じゃないけど、やっぱりボソボソ言っている。 
逆に左耳だけにヘッドフォンをあててみたがボソボソは聞こえない。 
右耳だけ。先天性のもんで聞こえるはずないのに。 

驚きつつ、ボソボソ声が何のかの知りたい俺は暫らく右耳だけにヘッドフォンをして聞いていた。 
窓際の近くのソファーに座って聞いてたんだが、カラス?が近くをバーっと飛んでったんでビビって、窓を見た。 
したら、窓ガラスに俺の姿が映ってた。いや、俺だけじゃなくて全然見た事もない若そうな男も映ってた。 
そいつは俺の右耳に顔を寄せてた。びっくりして立ち上がり見渡すがそんな奴いない。 

窓ガラスにも映ってない。本当に一瞬。 

怖くなって、小4の弟(俺24歳w)に来てもらってさっきの話をすると 
「右耳聞こえるの?」 
そうだよな。ちょっと試してみてよと弟に右耳の確認をしてみるが、全く聞こえない。いつも通り。 
恐る恐るヘッドフォンをして聞いてみるが雑音はもう聞こえなかった。 

一時の奇跡だった。

これ飽きたからこれにしよ

28 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/03/03(火) 23:38:02 ID:ccPRjCU8O [1/1回(携帯)]

小学生のころ、電気の紐の先にオモチャをつけてはバドミントンのラケットでバシバシ叩いて遊んでた。 
そんなことしてるからよく壊れる。 

何かつける物ないかと探してると、姉が「これ飽きたからこれにしよ」と姉が大切にしてた小さな人形を紐の先にぶら下げた。 
その日から一人で部屋にいると視線を感じるようになった。 

振り向くとあの人形が私を見てる。そんなことが何度もあってだんだん怖くなった。 

あの人形気持ち悪いから外していい?と聞こうとしたら姉が 
「あの人形気味が悪いから外す。だっていつも私のこと見てるんだもん」と言った。 

おまえもか!?と驚いたあと二人でゾーっとした。 

そのあとその人形はすぐに捨てたけど、何年か経って心霊番組でそれとそっくりな人形を見るようになった。 
有名なお菊人形と一緒によく映る人形あるよね?裸で肌が浅黒くて正座してて祈りのポーズしてるやつ。 
あれとまったく同タイプです。 

まさかあれが私達が持ってた人形ってことはないだろうけど、同じタイプということは作られた工場が同じなんだろうし 
その工場で何かあったのかもな~なんて考えてます。長文スマソ
 
続きを読む

聖職者の娘がこんな趣味に走って洒落にもならん

22 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2009/03/08(日) 17:15:10 ID:srpnqRr8O [7/12回(携帯)]

昔俺は横浜に住んでたんだけれども、俺が厨房の時の話。親父が教会の神父やってたの。神父にしては結構ざっくばらんな性格で、結構人気もあったんだ。 
まぁ俺なんて信心深いほうじゃないし、一家の決まり事と言えば、食事の前に軽く祈るくらい。んで割と平穏な日々が続いてた。 

ある日、姉貴がアンティークショップでファッション雑誌くらいの大きさの、古書を買ってきたんだ。この姉貴が結構なオカルトマニアで、その手の物に目がないわけ。何か買ってくる度に親父は、 
 
「聖職者の娘がこんな趣味に走って洒落にもならん」 
 
的な事を愚痴ってたんだ。中には数点、結構やばい物もあったらしく、親父が 
「これは今すぐ返して来い、処分しろ」 
 
と注意する事も度々あった。今回買ってきた物も、どうやら洋書のオカルトめいた本らしかったんだ(姉貴は英語堪能)。 

早速買ってきたその夜、俺と姉貴(俺も無理やり付き合わされた)で、「悪魔を呼び出す方法」ってのをやってたんだ。 

30分くらいやってたかな。特に何も起こらなかったので、興冷めして2人でTVでも見る事にした。 
んで夜になって、家に親父が帰ってきた。開口一番、 

「何だこの獣の匂いは?犬でも連れ込んだのか?」 

そう言うと、姉貴の部屋から匂いがすると言って、部屋に入るなりその洋書を見つけた。 

「00子(←姉貴の名前)、ちょっと来い!!」 

親父は凄い剣幕で怒鳴り、姉貴と俺は急いで姉貴の部屋へ向かった。 

「…00子。お前これがどんな物か分かってるのか?」 

「いや…ただの交霊術の本でしょう?」 

「馬鹿野郎!!この本のカバーは本物の人皮だし、書いてある事は全部邪悪な黒魔術だ!! 
良いか?ただの黒魔術の本なら対して害はないが、これは恐らくアンチキリストの教団か人物かが本気で呪いを込めて作った本だ。 
普通人皮なんて本当に使おうなんて思うヤツは滅多にいるもんじゃない…すぐに処分する!!」 


そう言うと親父は、本を取り上げて家から少し離れた教会へと戻って行った。 
 
続きを読む
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
Twitter
記事投稿時ツイートします!
最新コメント
メールはこちら

名前
メール
本文