2016年12月

この道、何分ぐらい歩けば下山できますか?

741 : オッサンの話1/2[sage] 投稿日:2009/04/19(日) 23:34:24 ID:zfwwKBybP [1/2回(p2.2ch.net)]

心霊とかじゃないんだが。 

小学生の頃、親父と妹と親父の母親(俺から見て祖母)と一緒に、山にデイキャンプをしに行った。 
今になって思うと、お袋と嫁姑問題で壮絶なバトルをしていた祖母の気を紛らわすためのプチ旅行だったんだと思う。 

さんざん遊んで、夕方、車に戻ろうとした矢先、祖母が行方不明になった。 
周囲は、標高こそ低いものの、未舗装の山道が縦横に走っている。そのコースに迷い込んで夜になったら大事だった。 
親父は、俺たちを車に押し込め、一人で探し始めた。が、すぐに戻ってきて、 
「こっちの登山コースを登って探しに行ってくれないか?コースの出口で待ってるから」 
と言った。 

俺と妹は、言われるままにコースに足を踏み入れ、15分ほど歩いた。 
日は落ちるしコースはなかなか下り坂にならないし、で、かなり焦りを感じた頃、背後から40歳ぐらいのオッサンが登ってきた。 
俺が、 
「この道、何分ぐらい歩けば下山できますか?」 
と聞くと、オッサンは、 
「え?下山する気なの?このまま進んだら、ますます山奥に迷い込んじゃうよ」 
と答えた。 
俺は慌てて、妹の手を引っ張って、元のルートを戻り始めた。 
オッサンは…今考えればおかしな話だが、そのまま『山奥への道』を進んでいった。
 
続きを読む

急に目が覚めてなんだ?と思ったら何か男がする。

260 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/03/29(日) 07:21:20 ID:YYhbRWGNO [1/1回(携帯)]

昔の住んでたマンションの話。 

夜中に急に目が覚めてなんだ?と思ったら何か男がする。 

カーペットの上をほふく前進でもするような、 
ズー、ズーって音。最初は泥棒?!と思って、 
せめて命だけは…と起きてないフリをした。 

でもその音は止まる事はなく、部屋の中をグルグルまわって 
いるような感じ。おかしいな?と思い、ゆっくり目を開けたら 
いきなり金縛り。重い何かが足元から胸まで上がってきた。
 
見えないけど、何か気配は感じる。暫くして 
気配も金縛りも無くなった。 

その後もその部屋で寝てると何度も金縛りにあい、その度に 
耳元で呻き声や子供の声が顔に誰かの体温を感じたりした 

今までそんな体験したことないから、 
あの部屋が何か通り道だったのか… 

その部屋を引っ越してからは金縛りにはあってない 


長文失礼しました

携帯に、カーチャンから留守電はいっててさ。

257 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/03/29(日) 02:08:51 ID:MGyXHfl0O [1/2回(携帯)]
携帯に、カーチャンから留守電はいっててさ。 

再生してみたら、雑音がヒドくて聞きとれない。 
帰りに…っていう最初の言葉だけ聞き取れて、 
後は全くわからん。 

バイトの帰りに何か買ってきて欲しいんだろうと予想はついたが、 
全く聞きとれないから、 
いつもカーチャンが買い物するスーパーに寄って、買い物かごを手に取りながら家に電話。 

でもカーチャン出ない。 

何回かかけてみたが繋がらず、 
もういいやと思って何も買わず、そのまま店を出た。 

で、もうすぐ自宅、ってところで、何やら黒山の人だかり。 
俺んちから一番近いコンビニなんだけど。 

車が突っ込んでんの。 
まだ警察も救急車もきてなかった。 

うわぁ、と思って立ち止まったら、野次馬の中にカーチャン発見。 
俺の姿見るなり、血相変えて飛んできた。 


続きます。
 
続きを読む

全く思い出せない

708 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2009/04/19(日) 01:21:24 ID:J3gs/d+9O [1/1回(携帯)]

小学生の頃久里浜に住んでて、近所に山があった。 

普段はあまり近寄らなかったんだけど、ある日洞窟っほい横穴を見つけて友人と二人で中に入ってみた。 
中は案外広くて、進んでいくと道が二つに分かれてた。 

何故か急に怖くなって、その日はすぐに引き返した。 

その後、またあの洞窟に行こうとしたんだけど、どこを探しても見つからなかった。 
今考えると、一緒に入った友人も誰だったのか全く思い出せない。 



733 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/04/19(日) 17:05:31 ID:UKOHCSog0 [3/3回(PC)]

>>708 
不思議な話だな 

子供の頃の記憶は思い違いだとか言われがちだけど 
確かにあったのにって記憶はあるよね 

自分も昔このスレで書き込んだことのある 
不思議なもののあった場所に何年か前に行く機会があったんだ 

けど、もう開発で山自体が跡形もなかったから、確かめようがなかった 
確かめられない方がよかったのかも知れないけどな

女は一体何処からこちらを見ていたんだろう?テレビの中?

239 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/03/28(土) 14:29:54 ID:Jf/uIqb5O [1/2回(携帯)]

夏のある日、なかなか寝付けないで朝方まで起きていた時の話。 

午前3時~4時位に猛烈に腹が減って、ラーメン丼にご飯を盛って刺身をおかずに食ってた。寿司や刺身が大好物なもんで、無心になってたんだと思う。 

んで、食いながらふと目線をずらした時に、ついてないテレビの右下の角に少し頬がふっくらした、目の中が全部真っ黒な女の鼻から上が映っていた。 
一瞬「…あれ?自分?」とも思ったが、自分は別にちゃんと映ってるし、明らかに違う。 

黒目がちにも程があるとか思いながらしばらく女と見つめ合ったが、テレビ台の横にテレビに鏡面を向けて鏡が立ててあって、それが画面に入って合わせ鏡状態になり、その中に女の顔が入ってるんだと思った。 
合わせ鏡って色々アレな話を聞くし、そのせいで女の顔が入り込んだんだと思い、早く残りを食いたいが為にすぐにその鏡を伏せて置いて食事再開。 
その後、テレビには見向きもしなかった。 

次の日の昼(厳密にはその日)、思い出して鏡をテレビと合わせ鏡にしようと置いてみたが…角度がどうも合わなくて合わせ鏡にはならない。 
結果、合わせ鏡は存在してなくて原因ではないとしたら、女は一体何処からこちらを見ていたんだろう?テレビの中? 
部屋の中に居るのが映ってたとしたら、ほんのり怖い。 


…実話です。うまく書けなくてスイマセン…。



240 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/03/28(土) 14:59:14 ID:XdK7R16L0 [1/1回(PC)]

ほんのりするよりワロタw 
どんだけ刺身好きなんだよw 

転ばせたその隙に、こっそり掠めちゃうんだって

701 : 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ [sage] 投稿日:2009/04/18(土) 23:43:12 ID:tFqcyJCs0 [1/2回(PC)]

友人の話。 

実家近くの山に、転ばせ坂と呼ばれる坂があるのだそうだ。 
そこには転ばせ様という鬼が住んでおり、通りがかる者を転倒させるのだという。 
何度もそこを通ったことのある彼は、その言い伝えを微塵も信じていなかった。 

先日帰郷した時のこと。 
転ばせ坂を通りがかった彼は盛大に転けてしまった。 
まるで誰かに足を掴まれたかのようだった、と彼は言う。 
擦り剥いた左肘を庇いながら身を起こす・・・あれっ? 

手首に巻いていた筈の腕時計が失くなっていた。 
進学祝いに母が買ってくれた物だった。 
必死になって辺りの草むらを探ったが、腕時計はもうどこにも見つからなかった。 

落ち込んで家に帰ると、祖母が「どうしたの?」と聞いてきた。 
事情を話すと、あらあらという顔をする。 

「転ばせ様が人を転ばせるのは、その人が身に付けている物が欲しいからだって 
 言われとるよ。 
 転ばせたその隙に、こっそり掠めちゃうんだって」 

祖母は更にこう教えてくれた。 

「後で餅を搗いてあげるから、それ持って明日もう一度あそこに登っておいで。 
 腕時計はどうしても要るからこの御餅と交換して下さいって、丁寧に頼むんだよ」
 
続きを読む

山奥にある実家に帰った時の事

238 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2009/03/28(土) 13:59:11 ID:ZPCdTAGB0 [1/1回(PC)]

何年か前に山奥にある実家に帰った時の事。 

家にいても特にやることもなく、近くの自販機までジュースでも買いに行こう 
と思った。 
時間は午後7時ぐらい。冬だったのでもう辺りは真っ暗だった。
 
普段、都会で暮らしていて忘れていたが、田舎の夜道は恐ろしく暗い。 

外灯の光が点々と道を照らしているが、光が届いていないところは自分の足下も 
見えなかった。 
数本目の外灯を過ぎて、次の外灯を見ると光が届くギリギリの所に2本の灰色の 
棒の様なものが立っていた。 

近づいていくうちに、その棒が人の足だと気付いた。 

ふくらはぎから下の部分。足首で折り返した部分がレース状になっている靴下を 
履いている。マジックテープで止めるタイプのスニーカーの踵がこちらを向いて 
いた。 

暗いと言っても、まだ7時。子供が立っていても別に不思議はないと思った。 
ただ、少しづつその足がある外灯に近づいていくが、ふくらはぎ以外の部分が見え 
てこない。外灯の光が届かないふくらはぎから上部分はまったくの闇のままだっ 
た。 

その外灯まで数メートルまで来たところで、踵を向けていたスニーカーがこちら 
につまさきを向けるような動きを見せた。 
その後、俺は全力で走って家に逃げ帰ったので、あれが生きていた人間かどうか 
は分からない。 

家族に、あの外灯辺りで事故か事件があったか聞いてみたが、特に何もないらしい。
 
ただ、外灯が立っていたところは、雑木林を切り開いただけのところで、周囲に人 
家はなく、俺が見かけた年頃の子供はいるはずないとのことだった。

この猫可愛いでしょ

698 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/04/18(土) 22:51:03 ID:qsjU7SPd0 [1/2回(PC)]

三年ぐらい前の話。山はあまり関係ないかも。怖くなくても勘弁ね。 

友人のAの父親は、釣りが好きで、釣り仲間3人と一緒に毎年5月に一週間 
ぐらい旅行にいくらしい。釣り仲間は全員リタイア組でかなり歳を召してい 
るため、渓流の一番奥までは行けず、ある程度自動車が入る場所に泊まりな 
がら釣りをするのだそうだ。 

昨年の釣り旅行の初日、Aの父親が変った猫を見つけた。山の中で、民家が 
近くに見つからないのに、少し太った野良猫で、魚をやっても無視するが、 
人間には割と馴れ馴れしい。(触れないが、近くまでは寄ってくる) 

この猫が、釣り場を変えても変えても出没する。この時点で少し変に思った 
らしい。旅行の最終日は、その時に釣った魚や山菜などを旅館で調理しても 
らうのが常だったので、いつもの旅館に泊まった。

旅館の大将を見た瞬間、 
あの猫はこの人だって意味もなく確信したらしい。雰囲気がそっくりだった 
とか。そして、その人と一緒にAの父が記念写真を取ったらしい。 

それがこれですって云ってAが一枚の写真を出してきた。 

それには、渓流の前でポーズを取る知らない男性が一人で写っていた。 

流石に凍り付いたのだが、Aがこの猫可愛いでしょって、その男性を指指す。 

じゃあAの父親はどこ?そう思って、Aの顔を見たら、涙を浮かべている。
 
どうしたら良いかわからないので、適当に相槌を打って、会話を終了させて 
逃げるように家に帰った。今Aと付き合っているのだが、詳しい事は未だに 
聞けない。そもそも猫の話が出た意味が、俺には分からないしね。

イイナワ使い

599 : 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ [sage] 投稿日:2009/04/15(水) 19:40:58 ID:Gq7kdmYV0 [1/2回(PC)]

知り合いの話。 

彼の親戚に、イイナワ使いと呼ばれる人がいたという。 
イイナワとは飯縄と書くそうで、人に使役される一種の使い魔なのだそうだ。 
使役する者をイイナワ使いと呼んだというが、飯縄は人を病気にしたりもするので、 
大層忌み嫌われたらしい。 
そのためナワ使いの家筋は、人も入らないような山奥へ追いやられ、人目を避けて 
隠れるように住んでいた。 

「まぁそうは言っても、昔の話だからね、どこまで本当なのかわかりはしない。 
 今は一族も皆、里や町に出て暮らしてるしね。 
 イイナワなんて誰も使えやしない」 

「でもね、その小父さんは本物だった。 
 下界から持ち込まれた、失せ物・探し人・占いといった問題事を、すべてナワを 
 使って解決していたっていうんだ。 
 そればかりか、どうやら人を病気にしたり、不幸にしたりすることまでやってた 
 みたいでね、親族からも恐れられてた」 

「なぜか僕はその人に可愛がられていてね、よく話をして貰ったよ。 
 ある時、聞いてみたんだ。 
 イイナワってどんな動物なのかって。 
 何で人の言うことを聞いてくれるのかって」 
 
続きを読む

渓流釣り

593 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/04/15(水) 09:46:12 ID:ANHh9azD0 [1/2回(PC)]

解禁したんで渓流釣りにいったんだが、 
スレてないからばかすか釣れるもんで 
すっかり時間を忘れ釣りあがり、気づくとまっくらだった。 

渓流で釣りをするときって、同伴者と連絡を取り合うために 
笛みたいなのを携帯して、連絡兼、事故って怪我して身動き取れないときに使うんだが、 
それ使って3回吹いて(友人との取り決めで、帰ろうの合図)友人に帰ろうぜって事で沢からあがって 
車止めてある場所につながる林道に出た。

友人と「大量やんけ」とかいいながら車に向かってるときに、 
下の沢の方から「ピーッ」って笛みたいな音が聞こえてきた。あまり人が入らないような極秘の場所だし 
今日一日つりあがって誰ともすれ違わなかったのに。 
 
続きを読む
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
Twitter
記事投稿時ツイートします!
最新コメント
メールはこちら

名前
メール
本文