325 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] 投稿日:03/12/14 10:18
 
樹海に友人と2人で心霊リポートトのために撮影にはいった時のはなしです。 
8月の夕方6時ごろだとおもいます、まだ夕時でしたから。 
 
1時間ぐらいして、もう暗くなりだし(もう危ないから帰るか)と言いだしたころ、 
うしろからヒュ~~ひゅう~~と音がします、振り返ると消え、なにもない、 
不思議なことに樹海ないではシーンとしていますので、すごく些細な音でもきになります、 
そのような現象が何回かつずき、(おい、取り乱すなよ、相手を刺激するなよ)と 
冷静をよそおいながら(怖かったが、動いたほうがやられるため、駆け引きが必要だった)、 
なんとか出口にいそいだ、そしていよいよ出口に近くなったころだったかな、 
霊こそは見えないが、光った点(ぼやけた)オ~ブみたいなものが回りにとりかこまれ 
行かないで、いかないでとあちこちから聞こえた、しかしもう先に出口の光が小さく 
見えてる、友人と(逃げ切れるか、いけるよな、走れと刺激しないように小声で一言) 
(行くぞ)と友人が言った瞬間もう必死で逃げた、走りきった、。 
 
そして出口に出た週間、ぼくらは異次元の空間から帰った安心感でその場で倒れてぐったり、 
さすがにバックを落としたが取りに行けず、あとで近くの民宿の人に訳をはなし、いっしょに 
とりにいった(はいってすぐなので)、声の現象はよくあるらしい(民宿の話では)。 
もし樹海内でyとりみだしたりして刺激したばあいを考えると、恐怖を感じる。 
いまでは上司がいやでも、顔ひとつ変えず対応できる、なぜか、あんな極限の演技 
をしたんだから、笑顔で心ではたのしい、たのしいと霊に心を読まれないようにと、 
それに比べれば。。。。。。


327 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] 投稿日:03/12/14 20:45
325だが、夜7~10時ごろで上記のような事があった、場所は精進湖あたりの場所から入ったはず。 
 
携帯は樹海内ではバンバンはいるし、県道も10キロ四方で囲まれているから、まあ 
迷っても直進すれば、すぐ道路にあたる、てな甘い考えで入ったが、夜はまったく 
方向がわからない、直進すら確認できない、おなじばしょに何回もきたりと危険、 
夏なのにし~んとして、すげ~~~~~~~~~~~~~~~不気味ですしね。 
 
普通の心霊スポットなら逃げられるが、ここは逃げるにも霊との駆け引きが必要、 
抜けるまで時間かかるんだから、実際。 
 
何も現象が起きずに、ただ声が聞こえて追われただけだから、まあ良いがね、何もなくね。 
ただこれがおきたのは7~10時です、夜中の12~朝ではありません、夜中精進湖周辺から 
アタックするばあいは気おつけて行ってらっしゃい、では。