253 : 1/2[] 投稿日:03/10/27 19:27
昼間に一人で車を運転していました。T字路で赤信号に捕まったので、 
時間潰しのために向かいの壁や左右に視線を動かしていました。 
その時ふと、バックミラーが目に入りました。 
後ろにはワゴンが止まっていて、運転席には男の人が座っていました。 

そこまでは普通だったのですが、私はワゴンの助手席におかしなものを見ました。 
おかしなものと言っても、それは人です。赤い服を着た髪の長い女の人が 
助手席にいるのですが、それが妙におかしいんです。 
隣りの運転席の男性と比べて、かなり座高が低いように見えます。 
頭の位置が男性の肩くらいの場所にあるんです。 

背の低い子供でしたらそういう風に見えても普通なのですが、 
その女の人は頭の大きさや肩幅から考えて、一般的な 
成人女性と同じくらいの身長と思われます。ですから座席に座った時は 
男性と同じか少し低いくらいになるのが普通のはずなのですが、 
その女の人の頭の位置はどう見てもおかしい低さでした。 
しかも目が怖いんです。眉も目の端も吊り上がり、車の外にいる何かを 
睨んでいるように見えます。バックミラーに映るその女の人の姿にぞっとしました。


254 : 2/2[] 投稿日:03/10/27 19:27
車が揺れているのか自分が震えているのか分からなくなった頃に 
信号が青に変わりました。私は急いでアクセルを踏むと、 
そのT字路を左へ曲がりました。曲がりながら再びバックミラーを見ると、 
ワゴンはまっすぐ進んで行きました。 

しかし、それは変です。 
先程も書きましたが、この道はT字路で、直進したらそこにあるのは民家の壁です。 
「え?」と思ったときには手遅れでした。 
ワゴンは向かいの壁へ恐ろしい勢いで追突しました。 
私は急いで車を止め、降りてワゴンへ走りました。 
赤信号で止まっている車の運転手さん達も急いで降りてきて皆でワゴンに駆け寄りました。 

運転席を覗き込んだ私は、その時あまりの恐怖に声が出ませんでした。 
ワゴンの中には、一人しか乗っていなかったのです。 
乗っていたのは、赤い服を着た髪の長い女の人でした。ワゴンは左ハンドルだったのです。 
そして、助手席となる右側の座席には、誰も乗っていませんでした。 

女の人が実在し、何も感じなかった男の人こそが幽霊だったのでしょうか。 
その時は本当に目の前のことが信じられず、体がガクガク震えました。 
そして最後に、気付かなければ良かったのにと思うことに気付いてしまいました。 
女の人は鏡の中で見た通り赤い服を着ていたのですが、その服は 
血の色で赤く染まっていました。元々は白い服だったのです。その証拠に 
服の背中や腹の辺りはまだ白いままです。きっと壁にぶつかる前はまだ真っ白だったはずなんです。 
思い出すと今でも恐ろしいです。



255 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] 投稿日:03/10/27 19:32
>>253 
うわー・・・普通に恐い・・ 
鳥肌立っちったよ 
よかったですね。何かしら巻き添え食わなくて。 
それ結構最近の事ですか?



256 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] 投稿日:03/10/27 19:58
はい、先月(9月)のことです。 
あんまり詳しく書くと同じ地域の人に特定されてしまうと思って 
詳しくは書けないのですが…。