856 : O沢という男(1/2)[sage] 投稿日:04/08/19 05:42 ID:UX7dSO8d [1/2回]
今勤めている会社に、O沢という男がいます。俺とは同期入社で、趣味があうた 
めしょっちゅう一緒につるんで遊んでいました。俺もO沢も怪談話は好きで、心 
霊スポットなんかにもよく行ったりしてたんです。俺は霊の存在には否定的だっ 
たんですが、普通には怖がりだと思います。しかしこのO沢、ちょっと変なヤツ 
というか、霊の存在をある程度認めているようなんですが、全く怖がっていませ 
ん。 

「死んだやつの怨念がどれほどの物か知らんが、生きている人間のが絶対強い」 

とか 

「霊にできるのはせいぜい心の弱い人間につけこむ程度で、この俺様をどうこうできる霊なんていねえよ」 

とか、何の根拠も無いだろうに自信満々なんです。 
まあ、実際あの東尋坊の雄島に行ったときは、深夜に一人で逆順路参拝をして、 
「祟りなんて何もねぇじゃねえか、根性無しめ」とか言ってるぐらいなので、た 
だの強がりでもないようです。余談ですが、会社でも月平均150時間残業の激務 
を5年もこなしながら、鬱になることも体調崩すこともない、精神力、体力とも 
に化け物じみたやつです。 

で、そんなO沢と2年前にある心霊スポット(?)に出かけました。 
日本3大怨霊の筆頭と呼ばれる場所。「平将門の首塚」です。 

まあ、たまたまその日終電を逃したために、暇つぶしで寄ってみただけなんすが。


857 : O沢という男(2/2)[sage] 投稿日:04/08/19 05:43 ID:UX7dSO8d [2/2回]
平将門の首塚については、このスレ住民には説明するまでも無いと思いますが、 
霊というよりはむしろ東京を守っている神様であり、敬うべき存在です。ただ、 
戦後のGHQのように首塚に対して悪さをすれば、最強の祟り神となって天罰を 
与える存在でもあります。 

千代田区大手町1-1-1。あまりに有名なその住所はすぐに発見できました。 
深夜の2時。都心のオフィスビルが並ぶなかに、あまりに違和感のある佇まい。 
事前知識のとおりです。肝試しに来たわけでは無いので、写真撮影と参拝をして 
帰ろうという話になりました。まあさすがにO沢も神相手に無茶はしないだろう 
と思い、俺は手をあわせてお参りしてたんです。ええ。はっきり言って俺の認識 
は甘かったです。っていうか、目を疑いました。 

「天皇家に仇をなす不届き者め、天誅!天誅!天誅!」 

この男、塚を蹴りまくってます。 

「O沢!おまえ何やってんだよ!!」 
「いや、こんな一等地に陣取って生意気だったからつい☆」 
「・・・わかったから・・・とりあえず逃げるぞ」 

────・・・ 

あれから2年。O沢は元気です。 

俺は・・・霊も神も祟りも、全て信じられなくなりました。