258 : age[sage] : 03/08/28 14:11
とりあえず爺ちゃんネタで盛り上がってるから私も1つ。 

ウチの爺ちゃん強運で徴兵制から数ヶ月の誕生日の差で逃れたそうな 
で鉄道会社で働いてたらしんだけど、夜中に1人で線路を点検していたそうな 
したらば後ろで車のエンジン音と人の叫び声が聞こえてきたんどよ 
んでば振り返ってみたらばジープに乗った4人のアメリカ兵が直線でコッチに突っ込んできよるそうな 
そんで、そのアメリカ兵に囲まれて銃を突きつけられたんだとよ。 
何かコッチに向かって大声で叫んでるけんども英語だからサッパリ分からん。 
何言ってるか分からないから恐くなかったけど、銃を向けられてるから刺激しちゃいけないと考え 
ずぅ~っと黙ってたそうな。 
そしたらアメリカ兵はそのまま叫びながらジープに乗って走り去っていったとよ 

時間にして30分だったらしいが私は爺ちゃん見直した。 
点検のノルマに達してないからその後、急いで仕事に戻ったそうだ 
今ではただのノホホン爺さん。


259 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 03/08/28 17:10
怖くないけどおいらも爺ちゃんネタ。 

爺ちゃんが若かった頃に夢の中で玄関開けたら 
玄関の前に牛がいた夢をみて、次に日の朝に玄関開けたら同じ牛がいたんだって。 

あと同じく若い頃足が腐りかけて歩けなくなって、 
病院に行ったら『足を切らないと腐り続けます』って事で手術になったんだけど、 
手術台に乗ってたら交通事故で足の切れちゃった女学生が急患で運ばれてきて 
医者達は、手術台に乗ってた爺ちゃんをどかして女学生の処置を始めたらしく 
爺ちゃんはその処置現場を見て手術が怖くなり 
歩けなくなってたはずの足で走って逃げたらしい。 

腐り続けると言われた足はその後自然治癒。 
爺ちゃんは『人間は気持ちの持ちようだ。』と言う。 



何が怖いって、この話をもう100回近く聞かされてる・・・。 
まだまだ記録は更新中。 



260 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 03/08/28 20:52
>腐り続けると言われた足はその後自然治癒。 
>爺ちゃんは『人間は気持ちの持ちようだ。』と言う。 

すごい!