139 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2007/10/30(火) 06:22:29 ID:4362wdriO [1/1回(携帯)]
私というか父の話。 
私が中1の頃、仕事から帰ってきた父が突然「茨城に行く」と言い出した。 
うちの父は家族を巻き込んでいきなりドライブに行きたがる人なので、 
またかよ、と思っただけで他は特になにも言わずに出発。 
車内でなぜ茨城なのか(うちは愛知なのでちょっとドライブの距離じゃない)聞いたら、 
「何度も夢に出てくる場所があって気になる。知らない場所だけど道順もわかる」とのこと。 

なんかキモいよ、と思いつつ日付が変わる頃に茨城到着。 
その場所は河原で人家も少ないわりと山奥。 
道順を覚えるのが得意な私でも、二度目は絶対に迷う!というくらい、へんぴな場所だった。 
怖いから外に出たくなくて車内にいると、車を出た父は川を見回してから 
「間違いない。この場所」と大きな石を指差して言った。 
あまりの不気味さに私と弟と母は涙目w 

そのまま帰ってきたけど不気味だった。 
それ以降、父はあの時の話もなんの夢を見たのかも話したがらない。 
ちなみに私は三途の川でも見たんじゃないかと思ってる。 
あれから七年経った今でも父はそれなりに元気だけどね。