804 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/02/15 20:54:00
 
5年ほどまえに父を亡くしました。 
体を壊して働けなくなり、やけになってアルコールやギャンブルに走って借金を作り、 
最後は「飲んだら死ぬよ」と医者に言われながらも飲んで死んでしまいました。 
 
もっと優しくしてあげられたらヤケになることなかったのかなとか、苦労させられたけど 
何かできることがあっただろうになと後悔でいっぱいでした。 
 
父が亡くなった朝、叔母が父が夢枕に立ってお辞儀していったと聞きました。挨拶しに 
きたんだろうねえと言われていましたが、それならどうして私のところにこないんだろうと 
密かに憤慨したものでした。 
 
怖がりで暗い部屋や人気の無い夜道を歩くのは大嫌いな私ですが、いかにも


『出そう』 

 
な場所にいれば父と会えるような気がして、わざとそういう場所でしばらく佇んだりも 
しました。 

すみません、続きます 


805 : 804[] : 投稿日:2003/02/15 20:56:00
 
あれは、父が亡くなって一月ちょっとたったころでした。 
 
その夜も会社からの帰り道、一人でとぼとぼ歩いていました。その頃にはもう、
いろいろな後悔から


「お父さんは私を嫌いだったのかな」


とか


「優しくしてあげなかった私を恨んでるのかな」


と思いつめていました。どうして夢にさえ出てきてくれないんだろうと思ってました。 
家へ帰る長い坂道をのぼっていって、
のぼりきったところで振り返るのは私の癖です。ふりかえって見ると、
ずっと下のほうに坂を降りていく男の人が見えました。 
 
一目見て心臓が跳ね上がるというか、ドキッとしました。その背中、
その歩き方は父によく似ていました。
思わず小走りで追いかけましたが、5~6歩行ったところで


「まさかそんなことがあるわけないか」


と我に返りました。 
見れば見るほどよく似ていたので、姿が見えなくなるまでと思ってぼんやりと眺めていると、 
姿が見えなくなる直前に男の人が立ち止まりました。

振り返り、こちらに向かって手をふるのです。 
 
誰にむかって手をふってるんだろう?と不思議に思ってあたりを見回しても、田舎道のことなので
ほかに人影はありません。 
そういえば、坂をのぼっていった私とその人は途中ですれ違うはずなのにすれ違わなかったと
後になって気付きました。 
 
混乱したまま手をふりかえすと、
男の人はいっそう大きく手をふったあとでまた歩いて行ってしまいました。 
 
それからは不思議と心が軽くなったというか、自分は愛されていたんだと漠然とですが 
思えるようになりました。 



806 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/02/17 11:04:00
 
>>805 
 
情景が心に浮かんで、泣きますた・゚・(ノД`)・゚・ 
 
きっとお父さんは愛情を伝えるのに不器用だったんだよ。 
でも手を振る、ってことにお父さんらしい愛情表現が 
全て凝縮されてる気がする。