163 : 1[sage] 投稿日:2009/03/24(火) 07:27:12 ID:yIL9P9iAO [1/2回(携帯)]

「お兄さん、若づくりだけど老けてるね。36でしょ?」 
 
何なんだこいつは。 
 
「フロントに行ってチェンジしようとか思ってる?」 

ジョジョかお前は。 

「まぁ、上がって。」 

呆然と立ち尽くす俺に、やる気の欠片もないソープ嬢が入室を促す。 

「脱いで。」 
 
黙々と服を脱ぎ、カゴに入れる。 
 
「さっきの」 
「年齢?背後霊でわかるよ。」 

頭がくらくらしてきた。 
こんな奴はネタにしかいない。 
うん、夢見てるんだな。 

「馬鹿に」 
「お兄さんさぁ。2人も連れてきちゃ駄目。」 
 
はぁ? 
 
「恋人連れてくんなって言ってる。」 
「やりづらいでしょ。まぁいいけど。」 

後ろを見てみる。 
何もない。 
ははーん。時間稼ぎだな。 

「早くお風呂入りなよ。」 

どうでもいいが何で上から目線なんだよ。 

「…早いね。ベッドでする?」 

いえ、もういいです。 
気持ち良かった。 
でも恥ずかしかった。 
 
164 : 2[sage] 投稿日:2009/03/24(火) 07:28:57 ID:yIL9P9iAO [2/2回(携帯)]

「綺麗な人。少し気後れする。」 

無言の時間が続き、耐えきれなくなって聞いてみる。 

「あんた誰。」 
「ただのソ○プ嬢。」 
「背後霊で年がわかるって何。」 
「電池みたいなもん。」 

訳がわからん。 

「来月は墓参り行きなよ?」 

こいつは興信所の回しものか何かか? 
もしくは新手のストーカー? 

「気味悪いって顔してる。」 

当たり前だろアホか。 

「お兄さんの連れがあんまり美人だから、意地悪したくなったのよ。」 

もう俺の理解の範囲を超えた。 
電話が鳴る。 

「時間。」 

手をヒラヒラさせる。 
財布を取出し払う。 

「じゃあね。ありがとう」 

手を振る先が俺の肩ごしに見えた。