797 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2009/04/17(金) 14:02:08 ID:ccuFft9w0 [1/2回(PC)]

ある日の夜中、気がついたら上体が斜めに起き上がっていた。 
目を閉じ、まどろみながら、体力がこれでは消耗するからと、 
正常に仰向けになるように戻すが、それには逆に力が要った。 

横たわった状態になっても、また徐々に上体が斜めに起き上がった。 
これでは、朝になる頃には体力が回復しないだろうと、 
再び力んで正常な仰向けになった。 

暫くすると、両手を手の平に乗せられて何者かに両腕を持ち上げられた。 
咄嗟に利き腕の右手を引き、これは夢なのかと、目を閉じながら 
思い、左の手を握った。 通常の夢なら、握るとしぼんで目が覚める。
 
が、反発、感触が有り、さらに握り返されて、驚いて左手を引き、 
目を開けると、レースのカーテンから部屋の中、ベッドの脇の所に男の右腕が 
ボーっと手のひらを上にして伸びている。 動かない。 

その腕に続く、外のベランダには、何も無い。 誰も居ない。 

右側の部屋の中の空間に目をやると、何も無い。 無音。 

また左に目をやると、じっとまだ右腕が伸びて動いていない。 
とても眠いので、背を向けて右に横になって寝る事にした。 

すると金縛りにあった。 ふっふっフーッ!と、息を吐くと金縛りが解けるので、そうした。 
金縛りは解けたが、又再び金縛りにあった。 

まだ夜だし、寝られるときに寝ないと損だと思い、 
『すみません、寝かせて下さい。』と、お願いし、『寝る邪魔をしないで下さい』と願い、 
金縛りを再び解いて寝た。 

朝になって目が覚めた。カーテンも窓もベッドもベランダも何も異常は無かった。



798 : 797[sage] 投稿日:2009/04/17(金) 14:13:37 ID:ccuFft9w0 [2/2回(PC)]

因みに、現在ではふっふっフーッ!と強く息を吐いてでは、 
金縛りが解けない様になった。 

これ以降、金縛りになったり、なりかけたりしても、幽霊は見ていないし、 
幻聴も無い。 
金縛りになりかけなら、目をハッキリ覚ます感覚になれば、金縛りにならないよ。