4 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/02/18(水) 18:31:36 ID:EIxDTR8S0 [1/1回(PC)]

自分のことをどんな体質だときちんと把握はしていない。 
ただ一時期家の中に妙な気が満ちていて、電化製品が壊れまくった。 
家族は特に何も感じていなかったが、家に居るのが怖かった。 

その時期、ある人とすごく衝突して目が眩みそうなくらい腹が立ったので、 
目に日本刀を刺すイメージを思い浮かべて憂さ晴らしをしたら、数日後に 
とんでもないことが起こった。 

眠れないので夜の海を散歩していたら、暗い海の中から衝突した相手が立ち上がって 
近づいてくるイメージが突然頭に湧きおこった。 
これまでにないことが起こっている、とあわてたのはその両目の周りが傷ついて 
くぼんでいたこと。 

いやいや、なんて想像力豊かな自分、と思いながら急いで車に戻ったが、 
それが近づいてくるイメージが浮かび続け、背後に気配を感じた。 
それから自宅まで左半身にびっしりいやな感じを受けながら車を運転。 
後でもちろん衝突した相手は無事で、何も言ってこなかった。
 
何かにいたずらされたっぽい、と解釈している。 
人を強く憎むのはいけないな、とあらためて痛感した。