553 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2007/10/28(日) 00:36:39 ID:/K21p3pc0 [1/2回(PC)]
今、受験の猛勉強をしている俺だが数日前に奇妙な経験をした 
いつものように部屋に篭って(多分)目を血走らせて勉強していたんだが、ふと、後ろに人の気配が 
振り向こうとしたときに肩を2回ポンポンと叩かれた 
その肩を叩いた人が誰かすぐに誰か分かった 
俺より1歳年上の姉ちゃんだ 
というのも、何か嫌なことがあって俺が凹んだり泣いたりしていた時に、俺の顔をじっと見てその後に、 
黙って肩を叩いたり頭を撫でたりしてくれていたからだ 
そして、その肩の叩き方が全く同じだった 
しかし、姉ちゃんは今、ちょっとした事情があって離れたところにいる 
その時に、1階の電話が鳴った 
もしや… 妙な胸騒ぎを感じて下に行こうとした時に気付いた 
さっき確かに閉めた部屋のドアが半開きになっている  
家族は全員隣の寝室でぐっすりと寝息を立てている …やはり気のせいではなかったんだ 
慌てて階段を駆け下りて受話器を取り上げる 
「…もしもし、○○(自分の名前)? こんな夜中に済まないんだけど…」 
病院や警察署ではなく、姉ちゃん本人からだった 
同時に、今まで張り詰めていた緊張感がぷつんと切れた 
そういえば姉ちゃんとは最近会っていない …今度会おうかな 



554 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2007/10/28(日) 00:45:44 ID:iDc4YIwj0 [1/1回(PC)]
>>553 
どんな用事だったの?



558 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2007/10/28(日) 09:36:28 ID:/K21p3pc0 [2/2回(PC)]
>>554 
姉ちゃんたまに眼鏡を使う時があるんだが落としてレンズにひびが入ったらしい 
それで家に予備の眼鏡があったけどどうなってるか聞いてきた