425 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2007/09/17(月) 19:55:10 ID:kD3TaxxQ0 [1/1回(PC)]
数年前、従弟が高速のSAで亡くなった。若いからと言って無茶な働き方をし、 
ある晩仮眠をとったまま帰らぬ人となった。で、その兄の話。ややこしいから一人称「私」。 

ちょうど、先月のお盆の頃。私は仕事でたまたま弟の亡くなったSAを通り掛かった。 
時間には余裕があったので、店に立ち寄ると弟の好きだったコーヒーを2本買い求め 
運転席と助手席のホルダーに入れると先を急いだ。 

しばらく進むと、突然の通り雨に見舞われた。雨足は強く、ワイパーを最速にしても前が見づらい。 
危ないな~、と思っていた矢先、追突された。 

相手側はかなりのスピードだったらしく私の車は派手にスピンした。 
スピン中、体勢を立て直そうとしたが、どうやらハイドロプレーニングしたらしく 
ハンドルがきかない。あわや対向車線に飛びだしかけた時、突然車がスピンを止めた。 
今までの回転速度を考えると物理的にあり得ない。呆然と手元を見下ろすと、 

ハンドルから手が生えていた。 
ブレーキを踏む私の足に、手がからみついていた。 

驚きのあまり瞬きしたら、それらの手は消えていた。そのかわり、肩を「ぽん」と何者かが叩いた。 
おそらく、亡くなった弟だろう。証拠に、車内からはコーヒーが1本、きれいさっぱり消えていた。 

と。事故後、見舞いに行った従兄から聞かされた。思わず泣いたよ。 
「あいつ、コーヒーにつられて帰ってきたんだな」なんて憎まれ口叩いてたけど。 
さらに今日、従兄弟の実家に顔を出したら仏前にコーヒーが。 
伯母曰く「なんだか、あの子が帰った来た気がする」と……また泣いた。 



427 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2007/09/17(月) 22:25:54 ID:LxBR/oOj0 [1/1回(PC)]
>>425 
肩を「ぽん」って両親のこと頼むよってことかな...